東京勤労者医療会看護部
  • 看護部について
  • 魅力
  • 教育
  • 職場紹介
  • 先輩紹介
  • 採用情報

東京勤医会の理念

いのち人権をまもる医療機関として

東京勤労者医療会の歴史は、1946年に設立された代々木診療所から。
戦争の爪痕なお色濃く、公的医療が貧困であった頃に、医療に恵まれない人びとの健康を守ろうと、多くの人たちのカンパを元に設立されました。志はこの頃と同じ。
「最も困難な人びとの立場にたち、健康を守る」ことです。
いつでも、誰でも、安心してかかれる医療・福祉の充実を目指します。
いのちと人権をまもり、戦争政策に反対します。

差額ベッドのない無差別平等の医療

これが医療の「あるべき姿」だと考えます。わたしたちの病院は、差額ベッド代(個室料)をいっさい受け取っていません。

看護部長挨拶

東京勤労者医療会は、1946年診療所からはじまりました。その基本理念は平和と人権擁護の火を守ることです。お金の切れ目がいのちの切れ目の時代、困っている人々のために、連綿といのちを守る砦の火を煌めかせてきました。災害支援は1959年の、伊勢湾台風支援など、2011年東日本大震災まで、どんなに困難でも看護師を派遣してきました。
現在3病院、10ヶ所の診療所、10ヶ所の訪問看護ステーション、看護学校、歯科診療所、などを有し、1都2県にまたがる、総合的な医療と介護を展開しています。看護が変われば病院が変わると、日常診療はもとより、座って待つより出かけて行って見つける看護を実践し、自立した看護集団を形成しています。私たちは病気の背景にある、社会的な問題から目をそらさない、またお金のあるなしでいのちの差別はしません。差額ベッド代はいただいておりません。法人自らが築き上げてきた基盤、地域の皆様からの支えがあって、2016年に東葛病院がつくばエクスプレス、流山セントラルパーク駅前に新築移転をします。看護師は患者さんの願いをかなえることをたいせつにしてチームで力を合わせることを目指しています。看護業務プラスαが、患者さんの笑顔と看護のやりがいにつながっています。わたしたちのあゆみとご一緒に、看護の追求を始めてみませんか?

 

東京勤労者医療会 法人看護部長 大谷洋子

お問い合せ

看護学生室へお問い合せ下さい。
看護学生室

担当:松井 野村 堀

TEL:04-7197-6825

お問い合せ

 

facebook


PAGETOP

病院見学会受付中

資料請求はこちら